ジスロマックは日本以外でも利用されているクラミジアの治療薬になります。そんな幅広く活躍しているジスロマックの魅力に迫ります。

  • ホーム
  • クラミジア以外でジスロマックが効果を発揮する病気

クラミジア以外でジスロマックが効果を発揮する病気

泣いている男性

ジスロマックはマクロライド系抗生物質のひとつで、性感染症で有名なクラミジアに有効なため主力の治療薬となっています。
しかし、クラミジア以外にも有効な症状が多く、幅広い医療現場で役立つ薬となっています。

まず、抗生物質であることから細菌に対して高い効果を発揮し、ブドウ球菌、肺炎球菌、マイコプラズマを始めとした原因となる肺炎の症状に有効とされています。
特にインフルエンザによって起こる二次感染を防ぐために、抗インフルエンザウイルス薬と一緒に処方されることがあります。
また、抗炎症作用が認められていることから、風邪といった症状で起こる扁桃炎、咽頭炎などでも処方され、同じように耳鼻科の中耳炎や歯科の歯周病の際にも利用されることがあります。
炎症によるほとんどの症状に適応するため、外科や内科を問わず多くの医療現場で使用されているのが現状です。

大人だけでなく小児でも使用することが多いため、一般的な錠剤の他に、小児用の細粒などの剤形が用意され、さらに現在では高濃度で使用するためのドライシロップも販売されています。
ジスロマックの有効成分であるアジスロマイシンには、細菌が蛋白合成をするために必要なリボゾームの働きを阻害することから、静菌的な作用を示しますが、高濃度で投与することで殺菌的な効果を発揮するのが特徴です。
この効果から細菌性の感染症には広く適応されますが、インフルエンザなどのウイルス性の病気に対しては効果が発揮できないので注意しましょう。
クラミジア感染症に効果を発揮すると共に、併発しやすいと言われる淋病も適応症となっており、片方または両方が感染した際には、高い確率でジスロマックが処方されるようになっています。

人気記事一覧